アポロンへのお問い合わせ
施設での介護
施設長 前里 和夫

施設を利用してくださるご本人およびそのご家族の皆さんが安心できるよう、職員一同日々看護、介護の向上に努力しております。
また入所中の方々が病状等に変化を生じた場合、協力いただいている市立島田市民病院とも連携して対応していきます。

施設長
前里 和夫


介護の流れ
利用の対象となる方は・・・

介護保険において、要介護1・2・3・4・5の認定を受けられた方(申請中で認定結果が出ていなくても、明らかに要介護状態であり、かつ認定の資格要件を満たしている方)であれば利用ができます。但し、常時医学的管理が必要な方(例えば点滴、重度の床ずれによる処置が必要な場合等)、または重度の認知症状があり、他人に迷惑がかかるような問題行動がある場合はご利用いただけません。

利用の目的は・・・
  • 病院を退院して在宅生活へ復帰する前に、日常生活におけるリハビリテーションを希望される場合。
  • 冬の寒い間、または夏の暑い間など、体調を崩しやすい時期に安定した介護を受けたい場合。
  • 在宅での生活が困難な状況のため、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)への入所申込みは済んでいるが、その順番が来るまでの間、一時的に入所を希望する場合。
  • お茶や田植えなどの農繁期、また介護者が体調を崩し、介護の継続が困難になってしまった場合。
まずは相談を・・・

その他、上記以外の詳しい事をお知りになりたい方は、アポロン支援相談員までお問合せください。

施設での生活の様子
入所サービスのご案内

アポロンの理念

私たちは、利用者の尊厳を第一に、やすらぎとぬくもりが伝わる心のこもった介護をいたします。

一. 自立した生活を支援します。
一. 家庭復帰をめざします。
一. 明るい家庭的な雰囲気を大切にします。
一. 地域や家庭との結びつきを大切にします。

ご利用者には、各専門職が健康管理や日常生活の支援及び生活リハビリを通じ、
自立への支援を行っています。
介護老人保健施設は、病院に入院するほどではないが在宅での生活が難しい高齢者の方々へリハビリテーションをしながら日常生活のお世話をさせていただく、病院と家庭の中間施設となります。ご利用者及びご家族を中心に各専門職が連携を取り、一日も早く在宅復帰できるよう、ケアプランを立案します。
sample
入浴は体の不自由な方でも安心してご利用いただけるように手スリや階段、椅子があり、高齢者が使いやすいように工夫しております。歩行できない方は風呂用車椅子を使用して湯船に浸かることもできます。緑茶を使った湯船の中で、幸せを感じていただきたいと思っております。

sample
午前、午後のレクリエーション時間では、体操・ゲーム・習字・料理・カラオケ・手芸・創作など個人の希望を取り入れて行います。

sample
年間行事として、夏祭り・敬老会・芋掘り・作品展・クリスマス会・餅つき等を企画し、ご家族や地域の皆様をお招きして、ご利用者と一緒に合奏・演劇・歌・体操等を楽しみます。

栄養管理
sample

アポロンではご利用者様のご希望を大切に、きめ細やかな個別対応を心掛けております。参加型イベントは、お料理クラブを中心に定期的な活動を行っております。食事形態は、ご利用者の摂食・嚥下機能に合わせ、日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013に準じた内容を提供しております。管理栄養士を中心とした栄養ケア・マネジメントが充実しております。


リハビリテーション
リハビリテーション

リハビリ室には理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が勤務しています。ご利用の際は心身の状態、生活の様子などを評価し、状態にあったリハビリテーションを提供いたします。病気や怪我からの回復はもちろんのこと、お一人お一人社会の一員として何らかの役割を持って生活していただき、「生きがい」を見つけていただくことを目標としています。



介護老人保健施設アポロン
〒427-0047 静岡県島田市中溝町1714-1
TEL. 0547-34-2000